So-net無料ブログ作成

加担はしたくないのです。

ajisai201706.jpg

 6月23日が近づくと、自然と若者たちに沖縄の話しをする機会が多くなります。いろいろな話しをするのですが、沖縄の人々が、基地の存在を反対する理由の1つとして、市民を殺す戦争に加担し続けるのは嫌だ、というのがあります。自身も戦争による実際を経験してきた沖縄の人々、自分たちの故郷にある基地から戦争がある度に、市民を殺戮するための機械や人が派遣されていく…。そうした基地の存在を許し続けることが、ある意味で、そんな戦争遂行に自分たちも加担し続けているのではないかと、自責の念を抱くことに繫がるのは、人としてごくごくふつうの意識だと思います。多くの日本の人々が、こうしたふつうの気持ちを失ってしまったとは、あまり考えたくはないのですが…。

 実は、僕が教育・社会的分野で活動している原動力の1つとして、加担したくないという気持ちがあります。どんなことに加担したくないのかと言えば、それは自身の生命も含め、他者のイノチを奪ったり、奪わせたりすることに加担したくないというものです。確かに、特に人間は身勝手で、自身が生きていくためには、多くの生き物のイノチを奪いながら生きてしまっています。さらには、細分化された社会の中では、自分が何気なくした行動が原因で、遠くのどこかのイノチを奪ってしまっていることも多くあるでしょう。
 それでも僕の意識の中では、極力イノチを奪うことはしたくない、特に、人間が人間自身の都合によって作り出してしまった、例えば、貨幣の利益などを守るために起こす戦争などという行為は、もしくはそこに繋がるようなことは、無くしていきたいと常々思っているのです。おそらく、戦争という行為は、自然の力による破壊とは違い、人間自身が作り出した破壊であるいじょうは、人間による働きかけにより無くすことができるはずだと信じています。貨幣の獲得や保持を目的として、嘘の大義を掲げつつ、人のイノチも奪い、自然も破壊し、全てのものの存在の根本として大事な生命一般の根拠をも断絶させるような行為に、自身が加担したくはないし、多くの人々、特に子どもや若者たちには、加担させたくないと思うわけです。大きなお世話なのかもしれませんが…。
 逆に言えば、自分のある考えや行動が、イノチを奪うことに手を貸しているのを知らないのだとしたら、それは無知だったとは言え、人間の驕り以外の何ものでもないと思うのです。

 しかし一方で、最近はそんな僕の想いとは裏腹に、近代以降の人間世界における戦争のような事象は、勝つとか負けるとかは関係なく、定期的に行き詰まる経済的発展を解消するためのリセット機能として、システムに織り込まれている(プログラム)ものなのではないかと思ってしまいます。つまり、発展を第一と考えた場合、戦争という機能は不可避なもので、それが前提とすれば、その他のサブシステムは、その機能の作動正当化のために準備され使われるようになると言うわけです。そうした場合、戦争などというプログラムを正当的に作動させるには、上述したような人間の本性としての例えば、イノチを剥奪したくないというような内発的な情動は、やっかいなものになることが予想されます。特に、呵責の念のもととなるような意識は意図的に隠蔽させることになるでしょう。簡単に言えば、「自分たちが生きていくためにはしょうがない」と、正当化の意識を上塗りし続けることになり、その装置の1つが、教育だったりすると思うのです。

 ゆえに、とりあえず僕の活動フィールドについて言えば、鉄人28号のリモコンではありませんが、誰がどういう考えに基づいて、教育というシステムを稼働させるのか、相当に大事なことになるわけで、どうにかして取り戻す、もしくは、さらに上書きするプログラムを既成のシステムの中に埋め込むか、そんな闘いを日々しているつもりなのですけれど…。人々の貨幣への欲望を原動力として、自動的に稼働し、サブプログラムを含め、再増構築するようにプログラミングされている既存のシステムは巨大でかつ巧妙であると、言わざるを得ません。まぁ、僕の場合は、同じ欲望でも「学びの欲望」を原動力としているので、簡単には止まらないですけどね。(^_^)v

nice!(0)  コメント(0) 

不可能なもの

bank2017.jpg

 僕の活動フィールド1つである教育の分野において、僕が注目し続けていることが、「教育不可能性」です。教育というゲームに参加するためのコードが、「教育可能性」であることは、多くの人が認め理解するところだと思います。すなわち、教育をすれば、立派な人間になれるはずであるということです。さしずめ資本主義社会的な視点から言えば、たくさんのお金が儲けられる人になるということです。そうした教育の世界において、僕ははなから、「教育不可能性」に目が奪われる人でした。「教育不可能性」とは、人は教育できない、そもそも持っている素晴らしい資質があるはずだというもので、僕が考える教育とは、そうしたその人ならではの持ち味や才能が発揮できていないのだとしたら、それを阻害しているものを取り除き、そして引き出すものです。
 教育というシステムが、歴史的な概念、すなわち人間が作り出したものであるいじょう、システムの中にある不可能性に注目をすることはとても重要なことです。ゲーデルの不完全性定理を持ち出すまでもなく、パーフェクトに機能しているように見えるシステムであればあるほど、そのシステムは不完全な部分を必ず含んでいることになります。こうした傾向は、何も教育というシステムだけではありません。民主主義というシステムであれ、宇宙というシステムであれ同様です。

 さて、こうしたシステムの中に含まれる不完全性であるとか、不確定性などに注目をして、そうした事象の存在を顕かにしていくことにはどういった意味があるのでしょうか?
 1つのシステムといいますか制度のようなものが完成をし、一度動き出せば、そのシステム内においては、単一的なコード(規則)に則り秩序が構築されていきます。言い方を換えれば、1つの価値観を前提として階層的な秩序が作られていくことになります。「教育可能性」で言えば、貨幣を獲得できる能力を多く身につけた者ほど、その階層の上位を占めることになります。そうした中で、あえてそのシステムが持つであろう矛盾している部分、すなわち不完全な部分を指摘するということは、そのシステム内において自明だと思われている価値観などが、決して全てに適用されるものではないということを証明することになるわけです。意味的には、180度違うものも存在しうることの証明にもなるわけです。そのことは、今まで築いてきた階層秩序的な価値観を転倒させるものとなるのです。 
 例えば、学校というシステムが、必ず通うものであるというコードによって運営されているとします。なので、ふつうは休まず通ったり、遠くからでも通ってきたりする姿勢というか熱意が奨励され賞賛されます。そこに、不登校をする者が現れたとします。すると、学校とは必ず通うものであるという前提的コードが崩れます。さらに、積極的に登校しないという意思表示は、そもそもの学校や教育の意味や目的、そして学ぶことの本質などを問わざるを得ない状況を作りだすことになります。つまり、価値観の転換、もしくは、拡張を促すことになるわけです。こうした行為が、今までにあった社会観や世界観の変革の契機になりうることを意味しているのです。

 このような行為のことを、デリダは脱構築と呼びました。逆に言えば、あるシステムや構造の中に、矛盾を孕む不完全や不確定な部分があることが見つけられるのであえば、そのシステムや構造は脱構築可能であるということになります。すなわち、脱構築的な行為をすることによって、そのシステムや構造の変革を促すことが可能であるということになります。

 今、僕たちの国では、様々なシステムにおいてそのほころびが目立つようになってきました。その事実を曝き続けることは、まさにそのシステムを変革させるための脱構築的行為となるのですが…。一方で、そうしたシステムを確立したことによって利益を獲得している者たちは、なんとしてでも、自分たちの利潤を生みだすそうしたシステムの維持延命に力を注ぐことになります。多くの場合はむしろそれがふつうですが、もし、政権側がそうした利益の恩恵を受けている者たちの代表や自身たちで構成されている場合は、当然のように不完全性を曝く者たちを排除し、さらには彼らを再コード化し回収(再領土化)するための政治力を強化することになるでしょう。

 今週、ちょうど若者たちとの対話の中で、少子化対策の話しが出ました。歴史が証明している事実ではありますが、未来が明るく、将来に夢が持て安心安全に暮らせることが保障されていれば自然と子どもの数は増え、人口も増えます。今、まさにそうではないということは、国民の多くが未来に対して大きな不安を持っているということになります。こうした事象もある意味では、社会システムの中にある不完全性の顕在化であり、不安があることを曝き続けるということは、社会の価値観の変換を促すことに繋がると思われます。小さいことかもしれませんが、声を上げ続けることの大切さを思い続ける日々です。不可能性・不完全性・不確実性に気づくのは、いつの世も少数派なので…。

nice!(0)  コメント(0) 

流れを変える

hayashi2017.jpg

 先日のブログで、日本で起きている「イジメ」の構造について少し話をしました。「イジメ」という事象だけではなく、現代社会のいろいろな所で発生している事象は、一見個人の意識によって引き起こされているかのように見えることが多いのですが、実際は、その多くが、社会のシステムによる影響によって引き起こされていると言えます。したがって、そうした事象に対して、個人の力によって対処するには、やはり限界があります。
 既に稼働しているシステムにおいて、そうした特に、人間にとって不利益なことが発生しないよう制御するために、そのシステムの利用年数の長い人たち、例えば、日本の先輩格であろう先進諸国と言われる欧米の国々では、個人の力では止めることができないシステムによる抑圧傾向に対しては、同様のシステム(法の力)によって制御するようにできています。ゆえに、近代立憲主義や三権分立の原則は近代国家にとっては重要事項となるのです。ですから、本来であれば、システムの暴走を防ぐための対抗システムを考慮すべきであったとしても、決して、為政者側の権力強化を促すようなシステムの構築を国民側は安易には許してはいけないのですが…。

 そうした近代以降、日本をはじめとした多くの国が採用したシステムの1つが資本主義というシステムです。このシステム発展のためのポイントは、今までに何度か紹介しましたように、「新市場の開拓」と「イノベーション」でした。そして、それらを実現させる原動力となるものが、人々の「欲望」、特に、「貨幣への欲望」でした。日本をはじめとする資本主義というシステムを採用した国々は、そうした発展のための目標を達成すべく無批判的にと言いますか、無反省的に言いますか、ある意味で、一方的と言いますか、自動的にとでも言いましょうか、とにかく、貪欲に突き進んできました。
 発展のためのこの両輪は、競争し合う強力なライバルのような関係でもあります。どちらにしても、地球というような時空的には有限な場所であるかぎりでは、拡張は一巡というか、行き渡ってしまえば、今度は、否応なしに細分化への道を進むことになるわけです。とにかく、細かくすることで、市場などを増やすのです。電話などがいい例です。その昔は、一家に1台だった電話が、今や携帯・スマホということで1人に1台となったわけで、4人家族が全員持っていれば、仮定的には市場は4倍に増え、それを実現させたのが技術的なイノベーションとなるのです。第二次世界大戦後、世界にまれに見る急速な消費文化社会化を達成した日本は、そうした意味では、まさに、世界に先ゆく細分化(個体化)社会となったのです。

 さてさて、そういった個体化社会が引き起こす現象は、何も経済発展的な現象だけではありません。同様に、人々の精神も細分化させていくことになるのです。簡単に言えば、分裂化ということです。否応なしに、人々の心は分裂していくことになるのです。「精神の疎外化」が起きるということです。ドゥルーズとガタリは以下のように述べています。

「資本主義は、脱領土化の運動と切り離せないものであるが、この運動を作為的人工的な再領土化によって払いのける。資本主義は、大地的そして専制君主的、神話的そして悲劇的表象の廃墟の上に建設されるが、またこれらの諸表象を資本のイメージという資格で、自分に役立つように、別の形態で再建するのである。マルクスは、次のようにすべてを要約している。主観的抽象的本質が資本主義によって発見されるとしても、それは新たに鎖につながれ疎外される。」(ドゥルーズ=ガタリ、宇野邦一訳『アンチ・オイディプス 下 資本主義と分裂症』河出書房新社、164頁)

 と、そうならざるを得ないので、精神の分裂化などを防ぐためにも、芸術だとか休息が必要なのですが、欧米にあるようなそうした文化までは、急速模倣の日本には根付かなかったということでしょうか…。また、一方で、細分化による社会や人々の精神の分裂化ということに対して、それもある意味では、資本主義というシステムを採用しているいじょうは、過去において繰り返し機能してきたことなのですが、細分化の次に来る動きが全体化とか群体化です。つまり、何かを契機として、細かくなってしまったものをリセットした上で再統合し、プレーンというか、デフォルトの状態に戻すという動きです。この流れは、近代資本主義というシステムにおいては、かなりオートマチックで、上述した二氏風に言えば、「脱領土化-再領土化」という表現になるかもしれません。

「部分対象としての欲望機械は、二つの全体化作用を蒙るのだ。そのひとつは、出発点の集合において不在や欠如として働く象徴的シニフィアンのもとで、社会体が欲望機械に構造的統一を与えるときの全体化である。もうひとつは、到達点の集合に欠如を分配し、『空胞化する』想像界のシニフィエによって、家族が欲望機械に人称的統一を強制するときの全体化である。」(ドゥルーズ=ガタリ、宇野邦一訳『アンチ・オイディプス 下 資本主義と分裂症』河出書房新社、173頁)

 当システムにおいては、何もしなければ自動的にこうした流れを繰り返すということで、以前から話している〈バブル-恐慌-戦争〉という流れも、このような機能の1つの実際であると言えるでしょう。どちらにしても、戦後の日本は、発展という言葉のもと細分化(分裂化)が急速に進み、かつ、そうしたことで発生するであろう弊害に対する備えの意識も希薄なままに現在に至っていると言えると思います。その証拠の1つが、「イジメ」のような現象となるのです。こんな視点から、共謀罪のことなどを見ると、上述したような流れ再現のための準備意識が、もう既に超自我化してしまっているがゆえに、当事者たちは、真の意味など知らぬままに、目の前の課題に対する有効な対処的方法であると思い込み、ことの本質に対して無自覚的、かつ自動的に準備を進めていってしまってるように見えてしまいます。再領土化(再回収)されないで、こうした動きに対して歯止めをかけるための様々な活動をしてきました…。まだまだ、力不足ということです。(>_<)

居場所型BookCafe『STUDIO鎌倉第四次空間』
期日が少なくなってきました。よろしくお願いします。<(_ _)>

nice!(0)  コメント(0) 

再び、「イジメ」を考える

clover2017.jpg

 ここ2週間ほど、若者たちと「イジメ」のことや、「不登校」のことについて対話をしてきました。例えば、みんなの「イジメ」についての話しや主張を聴くと、いつもさかなクンさんの話を思いだします。彼は自分が中学生だった頃の体験を通じ、魚の世界のたとえ話を紹介します。

 メジナという魚を例にして、「メジナは、海の中で仲良く群れて泳いでいます。せまい水槽に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃し始めたのです。けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じ込めると、なぜかいじめが始まるのです。同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。」(朝日新聞 2006年12月2日)

 さかなクンさんの話は、たいへん示唆に富む話だと思います。イジメの話、特に、学校などという場において発生する「イジメ」という現象に対して、その解決というか対策として、多くの場合は、発生する事前であれ、事後であれ、いわば対処方法的な視点を中心としてイジメ対策なるものが語られます。確かに、緊急避難的な意味で、既に発生をしてしまっていることに対して速やかに対処を施すことは重要です。少し厳しい言い方になるかもしれませんが、実際、現在の日本の学校などで起きている「イジメ」という行為の多くが、犯罪的なものであることは明らかで、もしこれが欧米で起きるのであれば、法的処罰の対象となってもおかしくないと思われます。したがって、昔から僕が主張しているように、法的暴力には、法的暴力で対抗するしかないということです。

 このようにして、「イジメ」という現象に対して、その原動力となってしまう暴力には2つの種類があり、上で書いた法的暴力に対して、もう1つの暴力である彼らが人として持つであろう純粋(本性)な暴力についての対処方法については話しが長くなるので、ここでは喋りません。関心のある方は、僕の本でも読んでください。で、話を戻して、さかなクンさんの話を読んだとき、僕は、最初は、彼が言うところの水槽が学校なのかと思ったのですが…。最近の日本の状況、各地で起きている様々な社会事象(イジメ的な)を見るかぎりでは、どうやら、日本社会全体が水槽だったんだと気づかされました。考え方としては、社会が学校化したのか、それとも学校が社会化したのか…、そもそも、学校という場所がそうした役割を担わされているのか…。

 少なからず、こうした視点で、今一度、学校という場所で起きている「イジメ」という現象を見直すと、はっきりと言えることは2つあります。1つは、日本で発生している「イジメ」的な現象は、学校(構造的に、結果がより強力に吹き出す先端かもしれない。)を含め、社会から決して無くなることはない。言い換えれば、必ず生みだされ続ける。そして、もう1つは、既に、個人の責任とか個人の力では、解決しようのない事象であるということです。

 だとすれば、こうした事象を否応なく生みだし続ける社会の仕組みについて、しっかりと知る必要が出てくるわけのなのですが、ゆえに、僕などは、近現代資本主義の仕組みやら構造に関心が向き、マルクスなどが言う資本主義の、特に、人間の精神に与える影響について視線が注がれることになるわけなのです。そうした欧米などの思想や哲学を知れば知るほど分かることは、彼らは、発祥の地で長い歴史と経験があるだけに、こうした事態が社会に吹き出ることをその多くの者が予見しているし、それを防ぐために、対抗的な意味での法的暴力の強化(近代立憲主義)などをすすんで行っているわけなのですが…。未熟なというか、本来、価値観の違かった日本では、人々のそうした意識が弱く、というか、本当は、欧米的近代国家を模倣するのであれば、そこまで教育に織り込むべきだったと思うのですが…、先に、貨幣獲得第一主義となってしまったわけで…。結果として、社会の仕組みの結果、引き起こされている多くの問題事象も、個人の力や人間の情的(これも実際は、純粋な暴力の1つ)な力を持ってして、乗り越えさせようとしてしまっているわけです。

 ということで、ほんとうであれば、社会の仕組みや人々の価値観を変えないかぎり、「イジメ」のような現象はなくならないのです。でも、たぶん今の日本でそうした変革が直ぐに起きるかと言えば、それは期待薄です(教育の成果…)。あーぁ、なんかシニカルな方向にきてしまった…。これ以上続けているとどつぼにはまるので、いつものように強引にまとめて、でともかく、「イジメ」のような事態に対して、法的暴力で対抗する以外にはどうしたらよいのかと言えば、いじめっ子たちが追い込まれて、そうした行為を行っているのだとすれば、こちら側も同様の権利として、自分の生命の存在を脅かすような所から「逃げる」(昔、「逃散」という行為があったよ…。)という権利を行使してほしいと思うのです。当然、学ぶ権利の保障は、違う形できちんとしてもらったうえで…。でもそうか、やはり今の日本は、逃がさない社会なのかもね…、監視社会強化。(^^;)

「不登校」についての話は、また次回…。

※ 純粋な暴力は、生きるため(生命維持)に行使せざるを得ない暴力。そうした視点から見たら、人間がある状況に追い込まれて自己防衛のために本能的に行使するのだとすれば、生物機能的には正常に機能していると見られなくはない。

居場所型BookCafe『STUDIO鎌倉第四次空間』<(_ _)>

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。