So-net無料ブログ作成

大切なもの

sasukehokora.jpg

皆さん、お元気でしょうか?
僕は、元気です。

桜の季節も気がつくとアッという間に過ぎ、
今は、新緑の季節で裏の山々は、様々な緑で覆われています。

皆様ももうご存じかとは思いますが、21世紀の日本は、既に十分に豊かになり、一家に一台であった電話も、今では一人一人に一台となりました。また、テレビのようなモノも、何でもできるパソコンなる機械に変わりまして、ちょちょいのちょいという感じで、家にいながら世界のモノを手に入れることができます。本当に便利な世の中になりました。お金さえあれば、何でもできます。

世界の価値は、万国共通のお金というモノを基準として、いかにたくさんのお金を獲得することができるかによって決まります。

そのものに、どんなに想いが込められていようが、どんなに世界の真実が埋め込まれていようが、お金を生みださないかぎり無価値です…。少し前までは、所によっては、お金には換えることのできない大切な価値を優先する人々も存在していましたが、豊かになった今の日本では、そんな少数派の人々は、まったくいなくなってしまいました。

本当の価値も意味も分からない、ただただお金の亡者となった人々…。
おっと愚痴が過ぎました。豊かな世界は、パラダイスです。
お金さえあれば、何でもできます。
お金、第一、大万歳!

雨の多い季節が近づいてまいりました。どうぞ自愛ください。
僕は、しばらくの間、内省の生活へと隠ることにいたします。
それでは、皆さん、さようなら。


 という感じで、誰と言うわけではありませんが、急に手紙を書きたくなりました。鎌倉代書屋さん(僕は鎌倉代教屋ですが…)ドラマに影響を受けたというところが、真相ではあります…。でも、このところ、確かに、「価値」ということをよく考えます。もう長らく続く資本主義の社会では、その昔から、貨幣への欲望を満たすものが大いに価値があるとされ、何かを表現したり世の中に働きかけるときも、まずは貨幣への変換能力ならびにそれに付随するコスト計算がその動機として優先されます。世界の歴史を眺めると、そうした視点が優先されたがゆえに、人類にとって不利益な出来事を引き出すことになった事例を多く見ることができます。

 それでも、世界には必ず貨幣的な価値ではない本当の価値を見いだすことができる人がいて、そんな人たちの自己犠牲によって、人類にとって大切な財産となるものが残されてきました。また、こうした真に価値があると思われるものの多くが、時間的な視点で見たとき、今日明日に直ぐにその価値を発揮するのではなく、何年かの長い時間をかけてその価値の正統性が証明されることが多いので、未来を見通してものを考えることができる人の存在も欠かせませんでした。

 と考え我が国の現況を振り返ると、何だかとても厳しく寂しくなります。今や、手紙にも書いたように、おそらくそれは、政策や教育の成果だとは思いますが、そんな人たちはまったくいなくなり、多くの人々は、明日明後日の生きるための貨幣を獲得するために悪戦苦闘を強いられています。結果として、貨幣的な価値はないが、犠牲を孕みつつも真に価値があるものを残そうなどいう奇特な人は我が国には、もはや皆無となったわけです。
 そもそも、真によいものにいわゆる貨幣中心主義的な付加価値を織り込もうすること自体がナンセンスだと思うのですが…。資本主義的な価値観の押しつけが行きすぎると、社会も人の精神もダメになることは明白です。したがって、健全な批判精神の1つであろう貨幣的な価値のないものにこそ価値があることを見出し、なんとか形にし残していこうとする心意気を意識的に守っていくことが大事だと、僕なんかは切に思うのです。そんな視点から考えると、やはり教育のシステムなどを前提から変革する必要があると思うのですが、教員養成の仕組み等も含めこうしたシステムを企画し運用する人自体が前述したような意識を持つ者たちのみとなっているというか、全てが自己増殖型の巨大な再生産システムとして稼働し続けているだけに、将来展望への厳しさは否定できないと思います。
 一方では、資本主義の原動力の1つであるイノベーションを担う人材等を嘱望しているのに、それらの育成・機会を自ら潰した上で、今まで通りで発展のためには戦争以外でのリセッション回復方法を提案していないところからも、まさに進歩のない繰り返しの世界を望んでいるのではないのかとさえ思えてきます。世の中の流れを換えることの出来ない無力な自分に、歯ぎしりな日々です。

 ことがある度に、そうしたものや人を拾い上げる力を持ち合わせていない僕は…。と嘆きながら、宝くじを買うのでした…。神様、僕にほんの少しでよいので、変革の力を…!結局、金なのか…、言語ゲーム…、我人生。 (>_<)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。